鶏卵情報

週明けに鶏卵相場は下がると思われる。

13日あたりにもう1回相場が下がるかどうかだが、下がると

してもサイズ間の調整となると思われる。

現在の市況は、震災後の影響から全くもって不透明・・・。

東北地方は震災後、飼料が来ないということから、大半の

養鶏場で、強換(人間で言えば断食)を余儀なくされた。

その影響で相場は高騰したのであるが、飼料が入るように

なると一斉に生産が戻った。4月5月に強換予定だった鶏舎

は、震災時にまとめて強換に掛けているわけだから、5月から

6月にかけての東北地方(震災津波等による被害をあまり

受けていない養鶏場)は生産量が多くなっているということ。

大半は6月中旬頃から通常のローティーションに戻ると思われ

る。よって、現在は生産が過剰な状態と需要が減少している

状態とが重なり、大変荷動きが良くない状況。需要の減少は

震災後あまり特売をやらず自粛ムードもあったが、相場も

高騰していた為に特売ができなかったということもある。

来週からは、相場も相応になり特売を実施する業者も増え、

加工・割卵業者も再び少しづつ買い付けを再開するなどの

動きを見せている。また、東北地方の生産が通常になって

くるので、そうなった場合、例年以下の生産量となることが

わかっている。生産が例年以下でありながら、売りがあまり

パッとしないのは、やはり震災の影響によるものが多い・・・。

飼料価格は高値で推移しているため、M180円以下に相場

が下がるということはないだろうと言われている。

また、梅雨を迎え夏がくる時期であり、O-111やO-104

やサルモネラ問題も全世界や日本外食系で気にしている

ことから、鶏卵消費が少なからず減少するのではないかと

も囁かれている。

キユーピータマゴでは、3分タマゴというサルモネラフリーの

特殊殺菌方法での鶏卵を販売しており、今後はこのような

安全安心安価な商品に注目が向けられると思われる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック